副業ツール・合同会社SELECT(セレクト)のワーケーション(増田隆亮)

副業ビジネス!合同会社SELECT(セレクト)増田隆亮氏のワーケーションは本当?

ネットで自分だけのショップを開く

time 2021/03/09

ネット副業をしている人のなかには、ネットショップを開いている人もいます。自分が作ったハンドメイド作品を販売したり、気に入った雑貨を仕入れて販売することもできるため、好きな仕事を副業にしたい人にはぴったりです。

ですが、ネットショップを開いたからといって、必ずしも成功するかというと、そうではありません。運営方法を間違えてしまうと、失敗する恐れもあるのです。大切なことは、事前の準備をしておくことです。準備もなにもせずに始めてしまった場合、集客がうまくいかず、長続きしない可能性があります。

まずは、どんなショップを作りたいのか、そのコンセプトをはっきり出しておきましょう。何を販売して、どんな顧客をターゲットにしているのかなどを決めておくことで、戦略も立てやすくなります。

また、自社サイトを立ち上げて出品するのか、それともモール出店にするのかを決めておきましょう。自社サイトの場合は、すべて自分がしなくてはならないため、かなり難易度が高いと考えられますが、費用も抑えられて、レイアウトなどもある程度自由にできるので、充実した働きかかたができます。ですが、無名から始めるため、集客がなかなかうまくできない可能性もあります。

モール出店の場合、費用はかかるものの、有名なモールを利用することで、集客率は高くなります。ですが、レイアウトなどの自由ができなかったりするため、理想通りのショップを開くことはできません。
そして、単にネットショップを開いても、お客さんがたくさん来てくれるかというと、かなり厳しいでしょう。

ネットショップを開いている人の口コミを見ても、成功している人と失敗している人がいます。その差がどこにあるのかというと、それは他の媒体を利用しているかどうかです。
ブログ、またはSNSを利用して宣伝することによって、知名度が出るため、ネットショップの集客を上げることができます。

例えば、LINEでショップを開けば、売り上げの確認や入金の確認をスマホからでも簡単にできるので、本業の合間に売り上げを見ることもできますし、気軽にショップが開けます。

そして、副業でネットショップを開くときには、ある程度のリスクも覚悟して始めることも必要です。最初から大きく始めず、小さく始めて様子を伺うことで、ネットショップのコツがわかってきます。
副業でネットショップを始めるときには、様々な方面から成功する方法を考えることが大切なのです。