副業ツール・合同会社SELECT(セレクト)のワーケーション(増田隆亮)

副業ビジネス!合同会社SELECT(セレクト)増田隆亮氏のワーケーションは本当?

将来のことを考えるのなら投資を始めよう

time 2021/02/09

将来の年金がどうなるかだけでなく、今後の雇用や収入に関しても不安を感じることが多い時代となってきています。そんな時代を上手く生き抜くために、始めておきたいのが投資です。投資はリスクを伴うため、初心者は気軽に手を出さない方が良い、お金は投資に回さず貯金に回しておく方が良いと考える人もいるでしょう。確かに、リスクを避けたいのであれば元本が保証された定期預金や積立預金を選んでおくことが無難です。ただ、銀行などに預けても金利はとても低く増える金額は僅かな上、その間にも物価が上昇すれば資産が目減りする状態となることは少なくありません。それだけに、将来について考えるのであれば、貯金以外の方法も検討しておくことがおすすめです。

副業を始めるという方法もありますが、時間的に難しいという人も多いでしょう。そんな副業ができないという人でも、資産運用のプロに出資する投資信託などの形であれば、無理なく投資をスタートすることができます。投資信託は利益が約束されたものではないため、相場の動きなどによっては目減りすることもありますが、長期的な目で見ると定期預金の金利以上の利益に繋がることが殆どです。最近ではワンコインなど、少額から始められる投資信託も登場し、口コミでも評判となっています。ワンコインで始められると口コミで人気の投資であれば、誰でも気軽に始めることができるでしょう。

ワンコインなど少額の投資信託を始める場合に、活用しておきたいのが少額投資非課税制度です。この制度を利用すれば、購入から5年は非課税期間となります。利益に対して税金を支払わなければ良い状態になれば、その分返金される金額が増えることになります。その返金された金額を使い、新たにまた少額投資非課税制度を使えば、効率良く資産を増やしていくことができます。

少額投資非課税制度のようにお得な話を聞くと、詐欺なのではないかと考えてしまう人もいるでしょう。しかし、少額投資非課税制度は金融庁が行っている制度のため、詐欺ではないかと心配をする必要はありません。この制度では、一度使った枠は復活しない仕組みとなっています。そのため、こまめに売買を繰り返すデイトレードのような投資法ではなく、中長期的に資産を増やしていく投資信託などの投資法に最適な制度となっています。そのため、副業代わりに投資を始めたい、少額から気軽に資産運用をスタートしたいという場合は、少額投資非課税制度の利用を検討しておくと良いでしょう。